誰が知っているのでしょう?
ふたつの月の輝く世界を

子供の頃に読んだ本
ふたつの世界を渡る旅人
何も知らずに どきどきしてた
光の夢を見ながら

だけど 想像(おもい)もしなかった
それが わたしの未来だとは

なにもわからないの
今 ここにいる理由さえ

それでもわかるわ これだけは
戸惑う前に ちゃんと立つこと
今 ここにいるのはわたしだけ
故郷の代表なのだから

誰が知っているのでしょう?
海の恵みを知らない世界を

本のなかの ちいさな勇者
自分のちからに気付く姿に
何も知らずに憧れていた
その 本音の心さえ…

だけど 想像(おもい)もしなかった
それが わたしの未来だとは

なにもわからないの
今 ここにいる理由さえ

それでもわかるわ これだけは
弱気になるより 笑顔作るの
今 ここにいるのはわたしだけ
故郷の代表なのだから

誰が知っているのでしょう?
月光色(ひかり)の草の守る世界を

子供の頃に読んだ本
知らない世界に出会うたびに
何も知らずに 夢見ていたわ
いつか 旅立つその日を

だけど 想像(おもい)もしなかった
それが わたしの未来だとは

なにもわからないの
今 ここにいる理由さえ

それでもわかるわ これだけは
心と絆 信じぬくこと
今 ここにいるのはわたしだけ
故郷の代表なのだから