昼の太陽(ひかり)にあなたを想い
星にあなたを夢見る
心が流すは 水晶の涙
ひとりではいられない…と…

人は「恋」と呼ぶのかしら?
名前も知らないこの気持ちを

あの人の心が手に入れば
それも きっとわかるわ

この胸に宿る 甘い痛み
癒す術はどこにあるの?
遠い異国のあの人が
教えてくれるのでしょうか?

愛の詩は風に舞い
国も掟も越えるなら
この心を運んで
あの人のもとへ…

愛と誇り 掟の間で
あなたの心はゆらぐ
ならば迷いを 断ち切りましょう
この手のなかの剣で

この想いに気づいてください
采配よりも 花束を選んで…

そうすれば あなたに捧げるわ
微笑みも 涙も―

この胸に宿る 甘い痛み
癒す術はどこにあるの?
近くて遠いあの人が
教えてくれるのでしょうか?

愛の詩は宙(そら)に舞い
国も掟も越えるなら
この心を運んで
あの人のもとへ…

あふれ出る 真紅の泉
それはあなたの生命(いのち)
すべての流れが止まるときに
あなたを手に入れるのよ…

決して後悔はしないわ
自分の意志で決めた道だから

その道の続く先にあるのが
終わりのない夜でも

ここは天国に近い場所
あなたが教えてくれたの
群れ咲く花の祭壇
あなたに捧げましょう

愛の詩は風に舞い
この世の果てに届くなら
この心を運んで
あの人のもとへ…